あなたのカラダの管理人 あいらぼ | マネージャーの仕事
スポーツ愛好家のための整体・整骨ならあいらぼ整骨院、大手ジム併設とアイラボストレッチで効率よくボディチューニング!
ストレッチ,ジム,スポーツ,スポーツ愛好家,ボディ,チューニング,メンテナンス,整骨院,あいらぼ,交通事故治療,骨盤矯正,接骨院,骨盤矯正,整体
20183
page,page-id-20183,page-child,parent-pageid-15284,page-template-default,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

マネージャーの仕事

title_icons_wanted

『あいらぼ整骨院』を支える
“マネージャー”候補を募集中!

そこでマネージャー本人から、
どんな仕事をしているかご紹介します。

北田 丈治
複数店舗管理マネージャー

Q、担当業務は?

フィットネスクラブの中にある当院。単にケガを治したいからやって来る患者様は一握りです。患部に負担をかけないためにはどのような動きをすればいいのか? どうすればより自分のパフォーマンスを上げられるか? 患者様自身ですでにご自分の体に向き合っています。それでも人は体を痛めてしまいます。だから、痛めてしまう前にアドバイスして差し上げることが一番の治療法だと考えます。
当院が大事にしているのは、そうした“なぜ痛くなるのか?”という患者様の疑問にすべてのスタッフが答えられること。私の仕事は、その“なぜ?”に答えられるよう、自分の知識だけでなく、整形外科のドクターや作業療法士、理学療法士、看護師等、医療関係者の意見を幅広く取り入れ、患者様に伝えてわかりやすい言葉に“翻訳”することです。いわば、医師と患者様の“橋渡し”役というわけです。

Q、大切にしていることは?

来てくださっている患者様も、来られなくなった患者様も、当院があわなかった患者様も、全ての患者様の意見を聞くことです。わたしたちはあくまで、患者様の“治したい”という気持ちを後押しさせてもらっているにすぎません。患者様は、一人一人体の構造も性格も違いますから、患者様の声に耳をかたむけ、患者様がどんな治療を望んでいるのか汲み取り、一緒に痛みに向き合うことが大切だと考えます。

及川 允
複数店舗管理マネージャー
あいらぼ鍼灸開発/指導

Q、担当業務は?

各院長や責任者と連携を取りながら、経営方針やスタッフの教育方針を決めています。またグループ唯一のエステティックサロンでは、整骨院でのスポーツ鍼灸とは別に東洋医学をベースとした美容鍼灸を行っています。お顔の悩みや問題はその方の体質に原因がある場合もありますので、体質を診断させていただき、その方にあったアプローチをオーダーメイドで作りあげています。治療後の患者様の笑顔や驚きがすごく嬉しくて、毎日の業務の励みになっています。
鍼灸治療というのは十人十色で、施術者個人の考えや、東洋医学的にやるか、西洋医学的にやるかなどの違いもあります。鍼灸を指導・開発していく中で、スタッフ自身がどういう治療家になりたいかという人間的な部分も汲みながら、よりより鍼灸治療の確立に励んでいます。

Q、大切にしていることは?

院内美化には常に気を配っています。鍼を扱う医療現場として清潔なのは当たり前。また、院内の細かい変化に気づけないようでは、患者様の細かい変化にも気づけないからです。特に鍼灸は、触診や脈診など細かい感覚が必要になりますので、そういうところから気を配れるように気をつけています。
また患者様やスタッフに対しては、常に感謝の気持ちを持って行動しています。
数ある整骨院から当院を選んでいただいた患者様には、患者様のやりたい事や悩みに寄り添い、一緒に改善していく姿勢を大事にしています。
スタッフに対しては、働くだけでなく、自分の夢ややりがいを見つけ、それを実現できるよう、自分自身がまず行動して示すようにしています。
そしてこの仕事は、学び終わる事がないと思っています。常に自分に足りない部分を模索し、知識や技術を学んでいく気持ちを大切にしていきたいと思っています。

佐々木 淳
LAB
(あいらぼストレッチ開発/指導)

Q、担当業務は?

あいらぼ整骨院の施術の柱である「あいらぼストレッチ」が、常にお客様にとって“最良”であるよう、日々研究しています。また、スタッフの施術が常に完璧であるよう、
定期的に勉強会を行い、技術や知識のサポートをしています。
ただし、スタッフ自身で考える力、答えを見つけ出す力を持つことも大事なので、ただ押し付けるのではなく、ミーティングや個々のコミュニケーションを通じて、お互いの思いをシェアし、意見を吸い上げる事も仕事の一つです。

Q、大切にしていることは?

患者様と真摯に向き合う中で信頼関係を築き、単に症状を改善するだけでなく、その後の目的をも設定し、一人一人の目標に対しての治療計画を明確にすることを心掛けています。また、メンタルケアにも重きを置き、来院時より笑顔になって頂けるよう、サポートしたいと思っています。

竹原 和宏
複数店舗管理マネージャー

Q、担当業務は?

スタッフの教育のためのシステムを創り上げています。特に治療家としての心構えや、接客・接遇に関わる事柄に力をいれています。技術も確かに必要ですが、患者様の信頼を得るためにはやはり“人間的な素晴らしさ”が必要だと思います。組織としてスタッフ全員が同じ方向を向き、同じ目標に進むためにも、まず個々が人間的に成長できる教育システムが必要だと考えています。

Q、大切にしていることは?

まずは「スタッフへの気配り」です。スタッフの心の変化にいち早く気づき、歩み寄ることを心がけています。スタッフにストレスがなければ、患者様に最高の治療ができるからです。
そして、「目標の確認」です。自分自身で決めた一年の目標にどのくらい近づけているか、一週間単位で確認し、目標に対しての行動指針もその都度設定し直しています。目標は達成するものであり、近づくだけでは意味がありません。目標を必ず達成するために、自分が今どのラインにいるのか、日々確認することが大切だと思っています。

logo_200